革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

住民票が必要

廃車買取には住民票が必要な場合もあります


廃車手続きのためには様々な書類が必要となります。廃車買取を利用する際にも書類が必要です。必要な書類については状況により異なります。自動車の売却や名義変更の際には、印鑑証明を添付して申請する必要があります。そのため、廃車買取を利用するときにも印鑑証明が必要となります。車の購入後、引越しをしていると印鑑証明書にある住所と現在の住所が異なることになります。印鑑証明書と車検証に記載されている住所が異なる場合には、その証明のために住所の経緯が分かる書類が必要となります。そのため、印鑑証明書のほかに住民票の写しが必要となることもあります。印鑑証明書と車検証の住所が異なる場合には、住民票の写しを添えることで前住所を証明することができます。

引越しの回数が少ないときや市内で何度が行われているの場合などは住民票の写しを用意することで前の住所を証明することができますが、何度も繰り返し引越しをしているような場合には一枚では証明できないことがあります。そのようなときには、住所の変更についての履歴が記載された戸籍謄本の附票が必要となります。戸籍謄本の附票であれば、生まれてから現在に至るまでの全ての住所地が記入されています。

引越しの回数が多い方の場合には、戸籍謄本の附票を用意したほうが便利です。車検証の住所と現住所が同じ場合には、印鑑証明書を1通用意して、 印鑑証明書と同じ実印と免許証のコピーなどがあれば廃車の手続きをすることができます。車検証に記載されている住所と印鑑証明書に記載されている住所が違う場合には状況により別の書類が必要です。戸籍謄本の附票などが必要な場合には予め準備しておいたほうがスムーズに廃車の手続きをすることができます。

また、住所については、合併等で住所の表記が変わってしまうこともあります。町・郡・村が市に変更になった場合で、車検証の所有者住所と印鑑証明書の住所に記載されている町名から番地までが同じ場合には、追加の書類は必要ありません。車検証の住所と印鑑証明書の住所が合併や土地区画整理などにより、町名や番地のレベルにまで変更になっている場合には確認できる書類が必要ですので、役所で貰っておく必要があります。結婚して姓が変わっているようなときにも書類の用意が必要です。車検証の所有者氏名から現在の姓までの変更履歴が確認できる戸籍謄本や、車検証に記されている住所から印鑑証明書の住所にいたるまでの履歴がわかるように戸籍附票などを用意することが必要となります。”