革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

廃車買取・重量税

自動車の廃車買取・重量税について

自動車にはいろいろな税金がかかっています。自動車重量税・自動車税などの税金がかかっています。自動車重量税とは乗用車・バス・トラック・2輪の小型自動車・軽自動車の種類ごとに車両重量などに応じて課税されて車検を受けるまでに納める税金になります。主として道路や他の交通社会資本にあてるためにある税金になります。

自動車税は、自動車の所有者にあてられる課税のことになります。税率は自動車の種類や大きさなどで違い、営業者・自家用車の区分になっています。毎年4月1日に自動車の所有者になっている人が1年分の自動車税を払う義務があります。これらの税金は、還付されることがあります。自動車重量は車検の1ヶ月以上の残して自動車を廃車した場合に、廃車する車の車両重量と車検有効期限の残り日数に応じて重量税が還付されます。廃車専門業者によっては買取時に還付金にあたる額を立て替えて車両本体の査定価格に上乗せしてくれる業者もあります。もちろん自分で陸運局に出向いて手続きをすることも可能ですが、還付金交付まで数か月かかります。

還付金申請は、使用済み自動車の最終所有者がリサイクルのためにディーラーなどの引き取り業者へ引き渡してその後業者から解体された旨の連絡を受けた後に申請することになります。自動車税の還付方法は、すでに自動車税を支払っている場合は車を廃車してかた2ヶ月後ぐらいに還付通知書が送られてくるのでその通知書を指定された金融機関にもっていくと未使用期間分の金額が戻ってきます。自動車税を支払っていない場合でも廃車をすることは可能になります。陸運局で廃車の手続きをおこなうと廃車するまでの金額の請求書が届くので支払いをすることになります。

買取業者に廃車を頼んだ場合の方が手続きをおこなってくれるので楽で便利です。自動車を廃車する場合に必要な書類は、印鑑証明・住民票・戸籍の附票・戸籍謄本などが必要になります。自賠責保険も廃車時に保険の有効期限が1ヶ月以上残っている場合は解約金を受け取ることができます。普通自動車の場合は陸運局で末梢手続きをおこないます。軽自動車の場合は軽自動車検査協会で末梢手続きをおこなって加入している保険会社に解約の手続きをおこなうと解約金をもらうことができます。陸運局や軽自動車検査協会で手続きをする日が1ヶ月未満の場合は解約金が発生しないので注意が必要になり早い目の手続きをおこなった方が良いです。”