革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

廃車買取の譲渡証明書

廃車買取で譲渡証明書が求められるのはどうして?


自動車を廃車にするというような場合には、様々な手続きを踏む必要があります。
自動車というものは現代の世界で「財産」として考えられているのですから、それを処分するというような場合になると、権利の関係で書類を求められることがあるのです。
こうした書類については廃車買取を行っている業者が準備してくれるものも多いのですが、そうした権利に関係する書類を作成する場合には、もともとの権利者が同意しているということを証明しなくてはなりません。

そのため書類にはサインや印鑑といったようなものが必要になるのですが、サインと印鑑をしたのであれば、その書類に対して同意をしたと法的に証明されてしまいます。
そのため書類を作成する際には、その書類の性質を理解しなくてはならないのですが、それでは廃車買取において「譲渡証明書」の作成を求められたというような場合、この書類にはどういった意味があるのでしょうか。

まず基本としてこの証明書は何なのかということですが、これは「廃車となる自動車の権限を全て移動させる」というものと考えて良いでしょう。
この書類が取り交わされたのちには、原則として権利を譲渡した側は、その自動車に関連する権利を主張することが出来なくなります。

次に「なぜこの書類が必要になるのか」ということについてですが、これは二つの可能性が考えられます。
まず一つ目が「自動車登録をした場所と廃車手続きをする場所が異なる都道府県にある」という場合です。
基本的にこうした手続きに関しては、その自動車のナンバープレートを発行した陸運局でなくてはなりません。
北海道で登録をした自動車が東京都に異動したというような場合には、北海道の陸運局に連絡をして手続きをする必要が出てくるのです。
そうした手続きを消費者に権利を残したまま行うと、手続きが非常に煩雑化しますから、業務効率化のために譲渡が行われます。

二つ目の可能性となるのが「廃車を自動車として再利用する場合」です。
廃車にされる自動車であったとしても、それが自動車としての性能を完全に失っていないというケースはよくあります。
中古車販売においては商品価値がないものの、代車や、海外へ輸出して利用するというような場合には問題ないことがあるのです。
そうした場合、買い取られていった廃車は名義人変更などをした末に再利用されるわけですから、権利を委譲することが必要になるのです。

ただしユーザーとしては廃車にするつもりだったのに、業者が勝手に再利用をしたというようなことになると、諸手続きのうえで問題になります。
特に廃車として手数料を支払っているのに再利用されたということになると、ユーザーが不当に損をすることとなるでしょう。
契約書は気軽に作っていいというものではありませんから、書類作成を求められた場合には、必ずその理由を確認するようにしてください。”